my life as an experiment

わたしの世界はわたしそのものなのか.

人生はstep!

年末年始って大好きです。

健やかな気持ちにしかならないから。

 

年始に親戚と集まる機会がありました。

 

そこでわたしは、おそらく、

生まれて初めて、

「好きな人と結婚して子供がほしいかもしれない」と

思ってしまいました。

 

わたしは我慢が大嫌いで、

自分のしたいようにだけしてきました。

好きなときに海外に行き、

好きなときに日本に帰ってきて仕事を始めて

好きなときにやめて

好きなときに一人暮らしをして

いまは、

会社以外では好きなときに起きてご飯を作って食べて

好きな場所へ出かけて帰ってくる生活をしています。

そしてそれをとても当たり前のリズムだと思っています。

 

そして、現状としては小さな子供が好きではありません。

赤ちゃんをとりまく人々を見るたびに

怖いという感情の方がわたしの中でいっぱいになります。

そう、怖いのです。超、怖いんです。

 

だから遠い道を選んで歩いてきました。

楽しくて自由きままで、

これ以下の自由だと死んでしまうかもしれないと思っていました。

 

そんなわたしが、初めて、

家族を作るということが

ここにいるみんなに対しての愛情表現になるのかも、と

ぱっと思いつきました。

そしてそれはとても素敵なことのように思えました。

 

今、お付き合いしている彼氏とは

まだ付き合い出して日々も浅いのですが

実は最初から「この人と結婚するのかもしれない」と

わけのわからないアイディアが輝いたことを覚えています。

 

この人と結婚ー!というより、

わたしはこの人とはもう一歩前へ、

人生のある場所へ一緒に進むことになるのかもしれない…

という予感としか言いようがないもの。

こんなこと彼に言ったら

なんてクレイジーな女なんだと思うかもしれないので内緒です。

そうやって思うであろう彼が、わたしは好きなのです。