my life as an experiment

わたしの世界はわたしそのものなのか.

EXPERIMENT #3 - RESULT

1)華麗に出勤、通勤電車ではゆっくり座る

-ばっちりです

 

2)ひとまずできた資料をスピーディーにアップする

-ばっちり

 

3)午前中使って、しっかりと写真に感じた

トレンドの要素とちょっとした新しさをもった、

可能性があるものを仕上げる

-「自分では」できたと思っていました

 

4)会議中、ずっと素敵な女性でいる。

落ち着いて、いいと思ったことを話す。

みんなのためにそこにいる。

会社になくてはならない存在でいる。

-ちゃんと発言に責任はもってたし、

気づいてる内は気を配っていた。

でも上司には結構自信なくすような言葉ばかり

投げられて、ちょっと、ていうか、

今でも笑、ひきずっています

「会社になくてはならない存在」と

「上司が認めている存在」は違うように感じていて、

私は後者にはなれないと思ってしまっているのかな。

これは由々しき問題

 

5)素早く、頼まれていた資料にとりかかる。

-なんか集中して作ったらかなりいい感じに仕上げれた。

仕事、とってこれますよーに!!

 

6)タイミングが合えば映画を観て帰るか、

ばんごはんを食べて帰って

ゆっくり雑誌を読む、部屋を片付ける。

1週間頑張ったと思うし、

しみじみ自分を労う。

夜を愛する。

-8時すぎまで残業してしまい、

ばんごはんは外食できたけど

帰ってきてすこし仕事のメールの返信したら

そのまま泥のように寝落ちてしまった。ショック。

 

7)湯船にお湯をためてお風呂に入る。

パックをする。

かっさをする。

-寝落ちのため×××