my life as an experiment

わたしの世界はわたしそのものなのか.

and about him

彼とおつきあいを始めて、一年が経ちました。

 

ふたりで並んでステーキを食べました。

お互いに、プレゼントをし合いました。

私からは、マフラーとシャツを

彼からは、新しいメガネ

 

どこまでも澄んだ気持ちで接してくれる彼にとても感謝しています。

 

お日様の光をたくさん浴びてすくすくと育ったような人。

そんな彼に好きになってもらえるなんて、

日陰ばかりを歩いてきた私にとって、マジ朗報です笑

 

正しくは、日陰ばかりを歩いてきた30年間。

 

そのことをじっと見つめる時間をつくったことで

私は自分で自分の人生を変えようと決心しました。

 

みつめるきっかけを与えてくれたあの人にも、感謝しています。

 

どうなってもいい、ただ、

わたしはたった今、

とても幸せな気持ちで真夜中にこの日記を書いています